アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年2月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

ベッドに横たわりお腹を触る妊婦

「生理が遅れてるけど、もしかして」と思ってもすぐに産婦人科には行きづらく、まず妊娠検査薬を試してみる方は多いと思われます。
しかし、いざ陽性反応が出ても本当に授かっているのかと心配になったり、産婦人科を受診するタイミングがわからなくて悩んでしまう方も少なくないのではないでしょうか。
ここ数年で検査薬は進化し、最近のものは市販といえども非常に高感度なものが多くあります。
早いものであれば、生理予定日頃の少ないホルモン量でも反応を示してくれるのです。
いわゆる妊活をされている方の多くが、生理予定日から検査薬を使って確認していることと思います。
検査薬はドラッグストアだけでなくスーパーなどに置かれている医薬品コーナーや生理用品コーナーでも購入することができ、昔に比べて随分と買いやすくなりました。
その為、今ではまず妊娠を自分で確かめてみることが通常になってきているのです。
ここ最近では生理予定日前からフライングで検査を試し、陽性反応が出たらすぐに産婦人科を受診するという方が増えています。
しかしあまりに受診が早過ぎると胎嚢が確認できず「5週目~6週目でもう一度来てください」と対応されることがあります。
胎嚢が確認できないと子宮外妊娠の恐れもあります。
この場合の処置は早ければ早い方が良いのですが、時期が早いことにより胎嚢を確認できないことで「子宮外妊娠では」と必要以上に不安になってしまう場合もあります。
母体に余計なストレスを掛けてしまうことになってしまうのです。
気持ちの平穏を保つ為にも、産婦人科を受診するタイミングとしては、胎嚢が確認できる5週目以降が良いでしょう。
体調や気持ちが安定していて出血などの問題がなければ6週目頃まで様子を見ても良いかもしれません。
また、妊娠を待ちわびる為に生理予定日の数日前から検査を試す方も少なくありません。
いくら高感度といっても早過ぎると判定もされず、気を落としてしまうこともあるのではないでしょうか。
そしてまた数日おきに検査を試してみるというケースが多く見られています。
現在の検査薬では予定日の1週間前から反応を示したという場合もあるようですが、基本的には生理予定日からの使用が望ましいとされています。
妊活に必要なのは気持ちのリラックスです。
気持ちの浮き沈みを抑える為にも生理予定日頃まで待ってみましょう。
しかし今後ますます検査薬の感度は上がり、生理予定日前からでもしっかり妊娠の反応が出るものが作られていくと思われます。
そういった時も慌てずに、妊娠の喜びを感じながら産婦人科を受診するタイミングを計算していくと良いでしょう。
妊娠した時点で女性は母親になっていきます。
産婦人科だけに頼らず、自分で確かめて受診のタイミングをしっかり見図ることが大切になっていくのです。

オススメリンク

林の中のベンチに座る妊婦

さまざまなサービスが受けられる

最近では、妊娠したことにより早く気付くことのできる妊娠検査薬があります。生理予定日なのになかなか生理がこなくて、なんとなく胸が張る、匂いに敏感になる、体は疲れやすいなど妊娠の初期は風邪の引き始めみたいな症状がでる人もいるみたいです。しかし、…Read more

関連リンク